FC2ブログ
岐阜に住まう「カロンのこんなの食べました」の記録ブログです。
プロフィール

カロン

Author:カロン
食べ物と面白いものが大好き
特にグルメという訳ではないので、
ただの食いしん坊が本性なんだな

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード

気が付けば 1年以上ぶりになってしまいました

ここ数年は
初夏の頃に必ず伺うのですが
今回行けずじまいでかなりお久しぶりな訪問

入って分かった事は
2017年から店内の写真撮影が不可になった事
そして、オープン早々から、結構混んでいて
2軒目というより、1軒目のご利用のお客さんが多い感じでした。

多分2軒目では待ちになる→早くいく という人が増えたのかな。と
勝手に想像。


CIMG0615 (240x320)
下はバル・バロッサ 上が例のお店



今回私は、いちじくを使ったカクテルと
ブドウを使ったカクテルを頂いてきましたが
どちらもアルコール少な目でお願いしたので
帰りも楽でよかっです。

そして、今回はこちらに移転してからお初の「2人飲み」
いつも一人だったので、2人で飲むのって新鮮でした。

お付き合い&お土産ありがとうございます!

お店のHP
スポンサーサイト



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

Cocktail Re
Creation

 CIMG0394 (320x240)

都ホテルで6月11日に行われた
いわゆるカクテルのフェスに行ってきました。

もともとはバロッサ20周年のイベントが発端で
そういえば、前も似たようなイベントがあったな~
あれって10年前の10周年だっけ?

あれから10年か~  と思いつつ
指折り数えてこの日を待ちました。


CIMG0404 (320x238)


わーい、祭りだ祭りだ。
当然ですが、この祭りも一人で乗り込んでいます。

グループで、ペアで、そして私のように一人の人も
それぞれそれなりにいてちょっと安心。


ウェルカムドリンクはキールロワイヤルをチョイス
ピンクのし ゅわしゅわはスタートまでの気分を盛り上げてくれました。

開幕を待って、カクテルブースへ

CIMG0406 (320x240)

いろいろ飲ませていただきましたが、とにかく会場が暗い事と
次第に酔っぱらってくるのでブレブレの写真を量産しています。
(なのであらかたの写真が使えない)

CIMG0395 (240x320)

因みにフードはバウチャーと言われるチケット
(今回はトランプカードのデザインされている物)
と交換でいろいろ食べる事がきます。

私は、いきなりカレー食べましたよ~

CIMG0414 (320x240)

だってお腹空いててこのままでは「悪酔い」してしまいそうだから。


CIMG0396 (320x240)

モクテル(ノンアルコールのカクテル)のコンテストもありました。
試飲は一口から二口程度の量なので、それで美味しいかより
「グラス一杯分飲んで、最後まで美味しいと思えそう」
と思うモクテルに投票してきました。

確か2位でした。惜しかったですね。


CIMG0418 (320x240)

一度お店に食べに行きたいと思いつつ果たせていない
BON DABONのペルシュウも頂きました。

ああ、美味しい、
やっぱりパンひっさげてお店に行きたいな~



CIMG0416 (240x320)

自分でシェイカーを振れるイベントも
体験系大好き人間ですから逃しませんよ


CIMG0417 (240x320)

想像しているより二の腕疲れました。
そして手の平が冷たい。(当たり前だし分かってるけど)

でも楽しい。
多分自宅でシェイカーを使うカクテル作らないし
バーテンダーにもならないので、
滅多にできない体験できて楽しかった。



そんな事をしつつ、更に飲んでいきます。
間にチェイサーとして。
お水やお茶を飲んだりしていますが
もともと強くないので、後半「もう飲めない」という状態に

CIMG0427 (240x320)

ここで出番は、Tomomi Gelato
こちらでミルクのジェラート。

ああ、これぞ一服。

一人で2時間もカクテルフェス
間が持つかな・・・などと心配していましたが
しっかり、お開きの時間が近くなってきました。


CIMG0429 (240x320)

最後に中垣さんのカクテルを頂いて
カクテルの締めにしましたよ。


ああ、沢山飲んだし、楽しかった。

この後、下の中華で夕飯を食べた親に拾ってもらい
後部座席でひっくり返ってご帰還しました。

次はお店でゆっくり飲みたいですね。
中々アルコールを飲む「外出」が難しいですが
なんとか年内(長い(笑))には行きたいものです。


バロッサのHP

テーマ:美味しいもの - ジャンル:グルメ

夏本番になる前に行きたいな。
と思っていましたが、なかなか行けない。

と言う中、今回やっと行ってこられました。

という事で、実は今回の私のお休みは

ミモザ→ スリス→ ジカンリョコウ(パン)→ ALCcafe→ ココ

と、美濃地方を半分ぐらい横断してる感じです。
というか、実はこの前には岐阜高で買い物も思い出しました。
北海道展行きましたよ。


CIMG9705 (240x320)

で、到着。

この日は雨の予報で、あまり雨脚が強いようなら
行くのを止める予定だったので、
本当は直前までどうするか分からない感じでの流れでしたが
小雨らしいので思い切っていく事にしました。

お店には、オープンしてちょっと過ぎただけなのですが
既にお客様が。

そしてなんと、マスターとマダム以外に
とてもかわいい店員さんがいらっしゃいました。

なんか可愛らしすぎて、眩しい。

CIMG9711 (320x240)

ひとまずこの時期にお願いする
グレープフルーツのソルティードック

今回は原型となった、ウォッカではないジンベースの物を
作ってくださいました。
その場合、スノースタイルではなく、塩は中に入ったレシピとの事。

最後に皮の香りを散らして、空間が一新した感じに。

空気も舌も、グレープフルーツ。すきっり、塩の味は遠くに見え隠れ
夏が来れば思い出す、ソルティドックです。

CIMG9714 (320x240)

でもって、ポテトサラダを摘みつつ・・・
こちらも手を出しつつ・・・


CIMG9713 (320x212)

上からキュルノンチュエの白カビのサラミ。
チーズ そして生チョコ

キュルノンチュエの白カビのサラミって有名ですが
どう食べるんだか謎でした。そして苦手意識が・・・
が、こちらの薄く薄くスライスされた物を
舌に乗せると、じんわりと塩と旨味が広がって、なんとも言えなかったです。
カビ系はダメ。な私ですが、こちらの、このスライス状態なら大好き。


続いては、この時期にまだあるんだ、と驚いた金柑
やはり、もう終わりですね、と言う声でつい頼んでしまいました。
金柑好きなので。


CIMG9718 (240x320)

うまく撮れなくて頭でっかちになってしまいましたが
結構大ぶりのカクテルグラスです。
対比できっと私の顔が小さく見える事でしょう(笑)

金柑の皮の甘味と独特の苦みも香りもしっかりある、
トロッとした飲み口で、まるで飲む金柑と言う感じ。

グレープフルーツと違った、柑橘の香り。
グレープフルーツが三角だとすると
こちらはおにぎり型というか、そんなイメージです。

一人客にもそれに合わせて、細かくお声かけされる
気が回るマスターと(ほぼ年一訪問に近いのにちゃんと相手して下さる)
いつみてもお綺麗なマダム。
そしてかわいらしい新人さんと
目と舌の保養をさせていただきましたよ。


本当を言うと、以前こちらの来訪には、お誘いのお約束をしたので
(今回はお天気加減で行かないかもだったのでお声掛けしませんでしたが)
次はしっかりぶれない予定で伺いたいと思っています。


CIMG9708 (320x240)
撮影は許可を得てから撮っております


続きを読む

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

腰が引けて暖簾がくぐれなかったら、この扉を開けよう。
と思っていましたら、案の定「扉を開けるコース」になりました。



CIMG7945 (320x240)

そんな流れで、今回はいつか行こうと思いつつも車なので見送っていた
岐阜産のお酒のお店「mirai」に行って来ました。

と言うお話です。


CIMG7947 (400x300)

こちらに来たら頼もう、と思っていた「岐阜の利き酒セット」1000円から。


CIMG7948 (400x304)

濁り酒のシリーズ(?)でお出しいただきました。
透明度の高い右からが良いそうで順に

CIMG7949 (400x354)

「新春しぼりたて純米原酒玉柏(福の神)」 加茂郡八百津町 蔵元やまだ
1/12からの発売ということで、丁度新しく入りましたとおっしゃってました。
昨日開けてすぐと今日とでは既に味わいが少し違うとも。

「房島屋 兎心 BLACK 五百万石 」 揖斐郡揖斐川町 所酒造合資会社
夏酒だけあって爽やかと言う言葉が合いそうな口当たり。
飲み比べは私みたいな経験のない者でも分かりやすいので面白い。

「御代櫻 三丁目のにごり酒」 美濃加茂市 御代桜醸造株式会社
一番白濁、一番発泡。一見トロットしていそうに思って口に入れたら
発泡しているのでさらりとして、そしてフクフクした柔らかさ。

私は丸みのある味わいのお酒を飲むと、羊羹とかあんこ物が欲しくなるたちで
そんなお話をしたら「頂き物ですが・・・」と最中を出してくださいました。

CIMG7952 (200x150)

まあ、そんな!といいつつ食べる。
やっぱり美味しい気がする(甘党なんで)

あんこに合うのは、両端で、最中と一緒に頂いたり
真中はスッキリと流れるお酒なので、お通しが進みます。


食べ物関係は殆どなく、
気になっていたイカの塩辛も品切れとの事で

CIMG7958 (320x240)

ポテトサラダをいただきました。

冷たく、酸味が効いたタイプのポテトサラダは
内容もシンプルでお酒に合う感じです。
でも、それだけだと、色目や食感が単調なので
5㎝位の長さのきゅうりを4~6等分に縦割りにしたのが
二三本添えてあったら、途中アクセントになるので良いかも。
と、今書いてて思いました。

こちらには

CIMG7962 (300x400)

「小左衛門 純米吟醸備前雄町 しぼりたて生酒」 瑞浪市 中島醸造株式会社

結構すっきりというか、そんな感じだった記憶。
久しぶりのお酒&基本的に弱いので、こちらを飲みきる前に
もういっぱいいっぱいになってしまいました。


ああ、ここの天井、木で出来てる~、いいな~

CIMG7963 (400x300)

そういえば高校まで住んでた家は古い木造だったので
私の部屋の天井は「船底天井」の作りになって いたな~

眠れない時、天井を見て、「あれが船底なら位置関係は天地さかさ
今私は空から下界を見ている」なんて思ったりしてたな。

怪現象も起こるやな家だったけど
窓が木枠で玄関がガラリ戸で好きだった。

白漆喰の廊下は夏、ひんやりして通り抜けるのが気持ちよかった。


などと昔の家を思い出す。(一部を除き建て替えられました。今はつまんない家)


万が一、宝くじが当たったら、日本家屋(サッシ無し)を建てようと、
そもそもくじを買っていないのに酔っぱらっているので
そんな妄想したりしつつ家路についたのでした。


CIMG7944 (320x240)
横の壁のマークがオシャレ


mirai (ミライ)

岐阜県岐阜市美殿町17 まちでつくるビル 1F
TEL 058-214-2535 日休

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

かなり間が開いてしまいました。

CIMG9793 (240x320)

こちらのバー。 (階段を上がった方です)

いや、だってね、車じゃ来れないものですから~
因みに飲みの為に一泊すると言ったら親に「迎えに行く」とか言われて
どうにもバスで行くしかありません。

(代行だとホテル一泊以上の料金を取られる所に住んでいます(←代行経験済み))
そして私はバスが苦手。中々腰が重くなってしましましま。
でしたの。

そんなこんなでお久しぶりのこちらです。


CIMG9795 (320x240)

はじめに柑橘(←種類忘れた)のソルティードックです。
いつも初夏の頃はグレープフルーツのソルティードックをいただくのですが、
国内産のなんとかがありますよ。との事でそちらにしてみました。

グレープフルーツに比べて、淡く繊細な感じの柑橘で、
自体は美味しかったので すが、グラスのフチの塩と合わなかった感じです。
特に前半。そもそも脳が「グレープフルーツの味」を待っていたので、
その差異に驚いたのかも。後半は塩も違和感なかったので。


CIMG9798 (320x240)

苺はドライにホワイトチョコが染み込ませてあるという変わったお話で、
?と思いつつ食べたら、確かにその通りだった、美味し~。
チーズは忘れてしまった。サラミはキュルノンチェの物。
ジワリと来る脂の甘味と塩気がいいですね。


CIMG9800 (320x240)

フードは田舎風パテ(ハーフ)とバゲットをアヒージョの厚さでお願いしました。
肉肉したパテとパンをいただく幸せ。要は好きなんですね、この味が。
偶にピクルスで味を変えつつ頂きました。


CIMG9803 (240x320)

最後は桃のモヒート。

普段ミント系の物は頂きませんが、シーズン的にミントが元気よく
ばっさばっさと茂っているだろうと思ったら頼みたく なってしまいました。
桃の柔らかい香りにミントのすっきりした風が相まって、
優しい女性向きなモヒートでした。シンプルだけどシャープ過ぎないイメージです。

ああ、やっぱりこういう風に飲むお酒ってまた素敵だわ~  やっぱり。
できれば次は今回ほど間をかけず、寒い間には行きたいですね。

CIMG9807 (150x200)
お会計をお願いすると、黒豆のお茶が出てきます。
香ばしくて美味しい。


店名の頭にBが付くバー (食べログで調べればすぐ分かるお店です)
月休

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

// ホーム // 次のページ >>